●はじめに


 「アロマ・テラピー」と言う言葉を耳にし始めてどのくらいに成りますか?。
 アロマ・テラピーは植物療法の一つで、AROMAは芳香、THERAPYは療法を意味します。植物の持つ生命エネルギーをそのまま凝縮した精油(エッセンシャル・オイル)を使って、心や体を癒し、私たちが持つ生きるエネルギーを高めていくものです。
 アロマ・テラピー先進国であるヨーロッパ諸国では、古くから日常の生活の中に香りが取り入れられ、現在では、国によって医師の処方のもと、医療行為として「芳香医療」や「経口医療」などが成されています。医療としてもその地位が確立しています。
 日本での歴史は浅く、10数年程と言われています。日本では、医療行為として法的に認められていない為、正確にいえば「アロマ・テラピー(芳香医療)」としては存在しません。日常生活の中に香りを取り入れたり、マッサージをしたりは、総称して「アロマ」と言っている様です。最近ではアロマもすっかり定着して、お店やスクールなども多く見られるようになり、さらにスポーツや医療方面にも取り入れられてきています。
 私達を取り巻く環境は、心身ともにストレスが多く、今後も厳しくなっていく一方で、癒しの裾野はもっと広くなっていくと思われます。香りも色んな方面で取り上げられていく事に成るでしょう。
 アロマによるちょっとしたアイデアで、私たちの生活は楽しくなり、心身が癒され、今の自分の生活にプラスアルファ-の向上になる事は間違い無いです。一緒に楽しく学んでいきましょう。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO