ベーサル・シュートのピンチ(摘芯)

 5月から6月にかけては、薔薇にとって一番成長のいい季節です。このころ、根元辺りから赤くて勢いの有るしっかりした芽が出てきます。これはシュートとよばれ、この秋から数年間、その株の主幹となるべく大切な枝です。
 秋の花のシーズン以降の為に、ちゃんと処理をしておきましょう。
 根元辺りから出てくる赤い元気のいい芽がシュートです。  つぼみが小指の爪ほどになった頃に、5枚葉を次に出てくる芽の向きを考えて、下から数えて6,7段目で切り落としましょう。 切り落とした後。

薔薇を育てるポイントのページに戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO