ブラインドの処理作業

蕾の出ていない葉だけの枝はありませんか?。

蕾の出る時期に、寒さに会うとこうなりやすいということです。。
本来、蕾が出るべき枝の先端に、蕾が出ていない枝を、「ブラインド」といいます。

ブラインドは、残しておいても花はつきませんので、
五つ葉を一つか二つ付けて切り落とし、新しい枝の成長を待ちます。
本来、蕾が出そうなしっかりとした枝で、蕾のつかない枝が、見かけられます。 次の芽は、5枚葉の枝の付けねの内側から出てくるので、 芽の出る向きを考えて、5枚葉を一枚か二枚つけて切り落とします。 切り落とし方は、剪定の基本的な切り方と同じ。 5枚葉の5mmほど上を斜めに角度をつけて切り落とします。。

薔薇を育てるポイントのページに戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO