球根の掘り起こし作業

百合の球根の掘り起こし時期は、地上部の葉が半分くらい黄色くなり始めた頃が適期です。9月の下旬から10月にかけてがその時期です。
 目安として株を中心に半径30cmくらいの円を土に描く。  円を掘り下げていく、40cmくらいは掘り下げないと球根を傷つける恐れがある。
 株の周りの円の3/5くらいを掘る

 茎を持って引き上げると球根の下根から上が持ちあがる。 土のついた株をゆすったり、竹へらなどで土を落としていくと、球根が一下に見え始める。
強く揺すり過ぎると、球根の中で折れたりするので注意。
球根の一番上の部分で切る。
球根は乾燥を嫌うので、掘り上げたらなるべく早く植え替えましょう。
 木子は、取って植えれるほどの大きさのものは、鉢や庭に植えつけましょう。茎からはずし難いような小さな子木は、茎ごと植えつけましょう。
 2.3年後には、母球となって花を咲かせるでしょう。
昨年より一回り大きくなった球根が取れれば、良く出来ました。
 枯れた下根を整理して、終了。
 球根を掘り上げると、ほとんどの場合茎に木子が付いている。

百合を育てるポイントのページに戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO