百合の主な害虫

 いろんな種類の害虫がいますが、 ウィルスに比べると、害虫はかわいいものです。
しかしアブラムシの様に、ウィルスに感染させる害虫もいます。害虫を理解して、対応していきましょう。
代表的な百合の害虫
害虫名 主な特徴や症状 時期 防除方法
アブラムシ 何といってもこの害虫。アブラムシ自体は弱くて見つけやすいですが、 その繁殖力による数とウィルスを感染させるので、最も注意が必要です。主に百合の一番上の柔らかい葉や茎から樹液を吸い、百合を弱られます。 全期間 マラソン、スミオチンの散布が有効。比較的簡単に駆除できますが、 頻繁に発生するので、根気よく防除する事が必要。
ハダニ オレンジや緑色の1mm満たない小さな虫。見つけにくいので注意が必要。 葉裏について樹液を吸うため、被害がひどいと葉が枯れてしまう。 成長が早いので、なるべく早い段階で処分する。 5月から7月 水をかけて吹き飛ばす。マラソン、オサダンなど散布する。 薬に抵抗性を持ちやすいので、薬品をかえて防除する。
ネダニ 1以下の小さなムシで、球根に群生して害食する。 球根についてくる場合と、土の中にいるネダニが球根につく場合がある。
根の発生が悪くなって、球根の肥大化や地上部の生長が悪くなる。
全期間 植付けまえにスミオチン1000倍に30分ほど浸す。 土壌中の駆除は土壌さ殺虫剤を使用する。劇薬を使うので注意。
ヨトウムシ 若い葉や、花、蕾を害食する。 全期間 雑草が多いと発生しやすいので、除草する事。 見つけ次第捕殺する。マラソン、スミオチンなどを散布する。
農薬の散布の方法としては、多過ぎず少な過ぎず、病状と薬品に有った濃度で使いましょう。
薬剤散布の注意点として、
・浴びたり、吸い込ま無い様、眼鏡、マスク、手袋などをしましょう。
・風上から散布する。
・特に葉の裏にかかるように注意する。
・散布は、日中は避け出来るだけ朝、出来なければ夕方やる様にしましょう。
・害虫に耐性を持たせないように、幾つか物を交互に散布する様にしましょう。

百合を育てるポイントのページに戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO