[こんな使い方]


 香りを実際に生活の中に取り入れていくにあたって、 香りが私たちの体にどの様に入り、どの様に作用し、 どの様な変化を与えてくれるのかを、簡単に紹介しておきます。
 ぼんやりとでも理解して、実際にそうなっているんだという事を イメージしながらアロマを使用すると、一層の効果があると思います。

●香りの伝達方法1(鼻から脳へ)
 何かの香りをかぐと、その成分は鼻の奥の嗅細胞でキャッチされ、 嗅覚神経を経て脳の真中あたりに有る大脳辺縁系に伝達されます。
 脳の大部分を占める大脳は、大脳新皮質と大脳辺縁系に分かれ、 大脳新皮質が知的活動をコントロールするのに対し、 大脳辺縁系は感情や本能的な活動をコントロールしています。
 さらに大脳辺縁系への神経信号は、自律神経や内分泌系、 免疫系をコントロールする脳下垂体や視床下部にも伝わります。 香りにより感情や精神が穏やかになったり、 免疫向上やホルモンバランスを整えてくれる精油も、 この香り(精油成分)の伝達経路から成るものです。
 まだまだすべてを解明されているわけでは無い様ですが、 精油成分は私たちの本能や生理反応に直接働きかけ、 心身のバランスを保つののに役立ってくれます。

●香りの伝達方法2(血液で全身へ)
 精油成分が血液に混ざって全身に運ばれる場合。この場合は三つのルートがあります。
@マッサージなどによって皮膚から吸収される経路。
A香りをかぐことによって、鼻の粘膜から吸収される経路。
B肺から吸収される経路。
 脳を刺激する経路は生理反応や感情に働きかけるのに対し、 こちらの経路は、筋肉の疲労や疲れ、痛みやといった、いわば外科的に作用します。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO